無題

金曜日の午後のこと。
It was a Friday afternoon.

予定していた授業がキャンセルになり、自由に使える時間が手に入る。
Some of my classes were cancelled. it gave me some time to spend on “me”.

おお、平日の夕刻に3時間の自由時間。素晴らしい時間になりそう。
Wow , three hours of free time on a weekday evening. It’s going to be great for me.

何しようか、スタバで読書? それとも映画館で万引き家族でも見ようか?

What am I going to do – reading a book at Starbucks or watching a movie at a theater?

心が躍る。

My mind was dancing.

突然電話が鳴る、医師の Wさん。 研究者でもある。
Suddenly my phone rings . It’s one of my students. He is a researcher as well as a clinical physician.

電話に出る。「こんにちは、Wさん」 すると彼は「お忙しいところすみません、野村先生」
I said “Hello, XXX san” Then he said “Sorry to bother you Nomura sensei.”

先生ってそんなあ。 先生に先生と呼ばれるほどの男じゃないですよ。 それはそうと、何です?
“Sensei? Don’t say that. I don’t deserve being called Sensei by Sensei.” Joking aside, what can I do for you?”

「急ぎの仕事ができました。お助け願います。新しい発見事項があって、英語で発表したいのです。
I’ve got an urgent task, I need your help. We have a new finding and want to publish it in English.

研究者でいるには多くのことが求められる。実験をおこない、データを集め、評価をして、実験結果を発表する。
Being a researcher requires a lot – such as carrying out an experiment, collecting data, making assessment, and announcing experiment results.

そうやって、新たな発見事項はより効果的な治療法の発展につながるのだ。
In this way, new findings can lead to the development of more effective treatment technology.

僕(野村)は母をガンで亡くしました。とてもつらいことでした。 人の命を奪うような病気と闘うのに、僕でも役に立つことがあるなら、やろうじゃないか?  
I lost my mother to cancer. It was the hardest thing in my life. If I can be of any help in the battle against life-taking diseases like cancer, why don’t I ?

「やらせていただきます」と大声で答えた。 「それで、締め切りはいつなのですか?」
“Yes, I’d be happy to. ” I said loudly. “And when is the deadline?”

「それが、明日の朝なのです。」とすまなそうに答えるWさん。
“Ah, tomorrow morning.” He said with a rather apologetic tone.

「明日ですか? 論文翻訳を一晩で英語に?
“TOMORROW MORNING? TRANSLATION OF A MEDICAL THESIS IN JUST ONE NIGHT?”

「ええ、残念ながら。でもどうしても明日の朝までに終わらせなければ」 力を貸してください、野村先生。
I’m afraid so. But we must get it done by tomorrow morning. I need your help, Nomura sensei.

せっかくの自由時間が消えてゆく。   スタバが、映画が・・・
It’s too bad my free time is going down the drain – starbucks, movie watching and so forth.

「手伝え、フトシ。」天国から両親の声がきこえたような・・・。
Then I feel as if my dad and mom are saying “You’ve got to help him and do the job, Futoshi.”

「わかったよ、父さん母さん。誰かに頼られるっていい気分だよね」
All right. It feels good to know someone is relying on me.

作業に取り掛かったのが午後6時ごろ、終了は翌朝午前5時。11時間もかかった。
It was about 6 p.m. that I began working on the task. I finished it at 5 a.m. the next day.

「ありがとうございます。間に合いました」Wさんから感謝の意。
Thank you, I’ve made it in time. W says thankfully.

朝陽がまぶしい。 ねむい。 
Morning sunshines are glaring into my eyes. And I feel like going to be immediately.

でも達成感は格別! 何物にも代えられない。
But I love this sense of achievement. Nothing can replace this feeling.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です