Thank you letters

2週間ほど前、ある公民館で英語サークル活動の指導をさせていただいたとき、近くの小学校から2年生の生徒が見学に来ました。その数なんと60人。

7歳児を相手に難しいことをやっても仕方ないので、アンパンマンやバイキンマンの人形を使って英語寸劇を披露したらバカ受け。 大声で歓声をあげてくれました。

よほど楽しかったのか、感謝の手紙さえ寄せられました。 一部紹介いたします。

(個人名は伏せてあります)

 

この真ん中の人物はひょっとして私? 若く描いてくれてうれしいぜ。

「特に楽しかったのはえいごのきょうしつでした」だって。

泣かせるぜまったく。

 

えいごを教えている人はすごかったです。ゲームも楽しかったです。

えいごの先生ありがとうございました。

そうか、そんなに楽しかったかい。

 

お子さんたちに良い印象を持ってもらえたようでよかった!

 

 

 

無題

金曜日の午後のこと。
It was a Friday afternoon.

予定していた授業がキャンセルになり、自由に使える時間が手に入る。
Some of my classes were cancelled. it gave me some time to spend on “me”.

おお、平日の夕刻に3時間の自由時間。素晴らしい時間になりそう。
Wow , three hours of free time on a weekday evening. It’s going to be great for me.

何しようか、スタバで読書? それとも映画館で万引き家族でも見ようか?

What am I going to do – reading a book at Starbucks or watching a movie at a theater?

心が躍る。

My mind was dancing.

突然電話が鳴る、医師の Wさん。 研究者でもある。
Suddenly my phone rings . It’s one of my students. He is a researcher as well as a clinical physician.

電話に出る。「こんにちは、Wさん」 すると彼は「お忙しいところすみません、野村先生」
I said “Hello, XXX san” Then he said “Sorry to bother you Nomura sensei.”

先生ってそんなあ。 先生に先生と呼ばれるほどの男じゃないですよ。 それはそうと、何です?
“Sensei? Don’t say that. I don’t deserve being called Sensei by Sensei.” Joking aside, what can I do for you?”

「急ぎの仕事ができました。お助け願います。新しい発見事項があって、英語で発表したいのです。
I’ve got an urgent task, I need your help. We have a new finding and want to publish it in English.

研究者でいるには多くのことが求められる。実験をおこない、データを集め、評価をして、実験結果を発表する。
Being a researcher requires a lot – such as carrying out an experiment, collecting data, making assessment, and announcing experiment results.

そうやって、新たな発見事項はより効果的な治療法の発展につながるのだ。
In this way, new findings can lead to the development of more effective treatment technology.

僕(野村)は母をガンで亡くしました。とてもつらいことでした。 人の命を奪うような病気と闘うのに、僕でも役に立つことがあるなら、やろうじゃないか?  
I lost my mother to cancer. It was the hardest thing in my life. If I can be of any help in the battle against life-taking diseases like cancer, why don’t I ?

「やらせていただきます」と大声で答えた。 「それで、締め切りはいつなのですか?」
“Yes, I’d be happy to. ” I said loudly. “And when is the deadline?”

「それが、明日の朝なのです。」とすまなそうに答えるWさん。
“Ah, tomorrow morning.” He said with a rather apologetic tone.

「明日ですか? 論文翻訳を一晩で英語に?
“TOMORROW MORNING? TRANSLATION OF A MEDICAL THESIS IN JUST ONE NIGHT?”

「ええ、残念ながら。でもどうしても明日の朝までに終わらせなければ」 力を貸してください、野村先生。
I’m afraid so. But we must get it done by tomorrow morning. I need your help, Nomura sensei.

せっかくの自由時間が消えてゆく。   スタバが、映画が・・・
It’s too bad my free time is going down the drain – starbucks, movie watching and so forth.

「手伝え、フトシ。」天国から両親の声がきこえたような・・・。
Then I feel as if my dad and mom are saying “You’ve got to help him and do the job, Futoshi.”

「わかったよ、父さん母さん。誰かに頼られるっていい気分だよね」
All right. It feels good to know someone is relying on me.

作業に取り掛かったのが午後6時ごろ、終了は翌朝午前5時。11時間もかかった。
It was about 6 p.m. that I began working on the task. I finished it at 5 a.m. the next day.

「ありがとうございます。間に合いました」Wさんから感謝の意。
Thank you, I’ve made it in time. W says thankfully.

朝陽がまぶしい。 ねむい。 
Morning sunshines are glaring into my eyes. And I feel like going to be immediately.

でも達成感は格別! 何物にも代えられない。
But I love this sense of achievement. Nothing can replace this feeling.

英検最新情報(2級編)

今回2級を受験する生徒がいなかったので問題自体を見ていなかったのですが、結構エグイ問題がライティングで出ていたそうです。タイトルは、

Some people say that too much water is wasted in Japan. Do you agree with this opinion?

うわあ、なんだこりゃ! 日本人は水をムダ遣いしているのか?

統計データーも何もないなかでの試験。いったい何をどう書けばいい?

しかも理由を二つ求められている・・・面食らった受験生の顔が目に浮かぶ。

 

こういう時は、根拠がなくとも「多くの人が言っている」論法で始め、身の回りの人物で具体例を作っていきましょう。

 

まずは賛成派意見

確かに日本人は水を使いすぎると多くの人が言うのを耳にする。

Indeed, I hear many people say that Japanese consume more water than they should.

私の子たちも例外ではありません。ただ髪を洗うのにも、水を出しっぱなしにして長い時間かけている。

My children are not exception. They spend very long time just washing their hair while leaving water running.

 

歴史的に言って、日本はいつ、どこにいても大量の水に恵まれてきました。このことで日本人は節水の関心が弱いのだ。

Historically speaking, Japan has been blessed with plenty of water anytime, anywhere, which makes Japanese less interested in saving water.

 

 

それでは否定的意見はどうなるだろう?

いいえ、日本では水はムダ遣いされていません。

No, I don’t think too much water is wasted in Japan.

 

日本の社会は高齢者の比率が増している。その多くが水や食料が不十分だった戦後の時期を経験している。

Japanese society is occupied with greater percentage of elderly people. Majority of them experienced the post-war period where there was not enough food and water.

 

彼らはぜいたくは敵、倹約は美徳と教え込まれて育ってきた。

They grew up being told that saving is a virtue and luxury is an enemy.

彼らのそういう価値観は今日も生きているに違いない。

Their sense of values  must  still be alive today.

 

節水の大切さを若い世代に継いで行ければ、我々が海外からムダ遣いを批判されることはないだろう。

If they can teach the younger generation the importance of saving water, we will not be criticised as a water waster.

なんだかずいぶん観念論ぽくなりましたけど、説得力はある気が・・・

 

 

 

 

英検最新情報(3級編)

3級の試験で出されたWriting Test の表題は、Which do you like better, talking withy our friends or talking with your parents?

受験生の大半が中学生なので身近な話題の問題だなと思います。

今回受験した生徒に話を聞くと、「解答として書きたいことはすぐに浮かんだ。でもそれを英訳することができなかった。」

たとえば、

「友人には話せるけど、両親には話せないことがたくさんある」

「両親の期待が大きすぎてつらい」

「どうせ話しても威圧的で、説教じみたことしか言わない」

 

なるほど、日頃感じていることだからすぐ浮かぶわけだ。だが中学レベルの英語力で上の文を英訳するのはかなり難しいだろう。それにあまり感情的な言い方をすれば採点者の心証を悪くする恐れもある。

ここは少しマイルドな表現にして、

I like talking with my friends better.

I  have two reasons.

First,  I feel more comfortable with friends.

We can have fun sharing our future dreams.

Second, my parents expect too much from me.

They always say “You must do this. You mustn’t do that.”

Therefore, I like talking with my friends better.

でどうかな? という気がします。

これから3級を受験する皆さんに何かのお役に立てたら幸いです。

I’ll be happy if I can be of any help to those who will take the 3rd grade Eiken test.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用戦線異状あり 苦戦の中小企業

北海道新聞の経済面にショッキングな記事が出ましたので英訳してみました。

自動機器の設計・製作を手がける「アスク」の後藤亮太社長は北海道科学大で講義を開いた。
Mr.Ryota Goto serves as a president of ASCe, a designer and manufacturer of automated manufacturing machines held a lecture at Hokkaido University of Science.

身振りを交えて自社の魅力を、反応の薄い学生に訴えた。By way of gesticulation, he told the seemingly bored third year students how attractive his company has been.

教室には空席が目立ち、3年生の学生たちは就職活動への意識が乏しく見えた。The Juniors at the seminar room were not many and looked little interested in job hunting.

「自ら大学に足を運ばないと学生には話しすら聞いてもらえない。」と後藤氏は言う、Goto says he cannot even get students to listen to him unless he goes to colleges and appeal by himself.