夢は考古学者

ヒロ君は14歳、中2だ。
Hiro is 14 and an 8th grader.
スポーツしたり友だちと一緒にすごすのが好きだ。同年代の子となんの変わりもない。
He likes sports and hanging out with friends.  He’s just  like everybody esle his age.
だが彼をユニークにさせているものがある。
There’s one thing, however, that makes him unique from others.
かれは考古学者志望なのだ。インディージョーンズの映画を見てから考古学の世界にハマってしまった。
He’s a would-be archaeologist.   Ever since he saw that “Indiana Jones” films, he’s been into the fascinating world of archaeology.
土偶の話を始めると、止まらない、英語の勉強の時間だということさえ忘れてしまう。
Whenever Hiro  starts talking about DOGU (small humanoid and animal figurines made during the late Jōmon period (14,000–400 BC) of prehistoric Japan.), he never stops , forgetting that it’s time to study English with me.
GW連休中、彼のご両親がヒロ君を青森県の三内丸山遺跡に連れて行った。そのおかげで自分の目でたくさんの土偶を見ることが出来た。
During the last Golden Week period,  Hiro’s parents took him to Sannai Maruyama ruins in Aomori. Hiro was able to see many Dogus with his own eyes.
先日の授業で、ヒロ君はそこで見たこと、知ったこと、不思議に思ったことなどを熱く語ってくれた。
 In our lesson  last Saturday,  Hiro told me a lot about what he saw, what he learned and what he found mysterious.
足の部分が取れてしまった土偶などは、アスファルトを使って接合していたという。
Some dogus were found to have their  severed arms reattached with asphalt.
古代の人々になぜそんな技術があったのだろう?
How could ancient people have such amazing techniques?
 ヒロ君の興味は大きくなるばかり。将来はきっと一流の考古学者になれるだろう。
Hiro’s interest in archaeolgy is growing with time.  I’m sure he’ll make a first class archaeologist.
ヒロ君がくれたおみやげ「土偶クッキー」(笑)
 

エイジシュート達成!

83歳の生徒Hさんから突然電話が・・・いったい何が起きたのかと出てみたら、なんと今日ゴルフして18ホールを82でまわったとのこと。

年齢以下の打数でホールアウトすることをエイジシュート(age-shooting)というのだとか。すごいやあHさん、ちなみに私は120切れずに引退しました・・・(悲)