生徒紹介コーナー ぬいぐるみ作りの天才Iさん

Iさんは英語の勉強が好きな主婦。”Ms.I” is a housewife who loves learning English.

先日のこと、Iさんは大きな袋を持って教室に現れた。The other day, she appeared in the classroom with a big bag in her hand.

なにそれ? と尋ねたら。What is it?, asked I.

中から取り出したのは、アンパンマンキャラのぬいぐるみThen she showed me the things. They were stuffed Anpanman characters!

 

WIN_20150417_130211

 

どこで買ったの、と聞くと「買ったんじゃなく自分で作ったんです、型紙なしで。」I asked her where she bought them. She said she made them herself without using tracing papers.

 

想像だけで作るなんてすごいなあ。It’s awesome to make things purely out of your imagination. こんど僕みたいなオヤジぬいぐるみ、作ってくれない? Can you make me an OYAJI plushie like me? とお願いしたところ、「イヤです」と断わられました。She turned me down, saying “No”.

4月病 April disease?

この春に中学や高校に進学した生徒が何人かいる。Some of my students have just started their new school lives at junior high school or at senior high school.

そのうち何人かに聞いてみた、「どうだ?新しい学校生活は?」 I decided to check on them and ask how they were doing. だが彼らから返ってくる言葉は期待とうらはら。「つまんない」「やめたい」「先生がイヤ」「同級生がイヤ」とか。 To my surprise the reaction I received was not what I was expecting: most of them complained about their disappointment with their teachers, fellow students and the over-all atmosphere of their school.

「ハア?待てよ。まだ4月だぞ!入学したのはほんの2,3週間前だろうが。そんなセリフを吐くのは早すぎないか?」しかし彼ら彼女らの言い方は、こうなることがまるでわかっていたかのよう。 Although I advised them to not feel this way this early, it felt like they had anticipated this negativity beforehand; seeming having expected these “bad vibes”.  ここで私は5月病という言葉を思い出した。They reminded me of the old term “GOGATSUBYOU”, or May disease.   4月に入学、入社した人間が持っていた夢や希望が5月に消え去ってしまう現象を指す言葉だった。It referred to a condition when freshmen enter April with high hopes and dreams, only to lose all of it and feel the sense of giving up by the next month. どうやらこの現象は今でも残っているだけでなく、起こり方が早くなっている。そんな気がする。Feels like this phenomenon is not only present, but also starts to happen earlier than before. いっそのこと4月病に変えたほうがいいかも。 We’d rather see the word changed to SHIGATSUBYOU or April disease.

嘆かわしや! How deplorable!

合格者紹介

久々にブログ更新します。

2015年1月に行われた 英検では3名が合格しました。紹介させていただきます。

 

kanato

まずは5級と4級を同時に合格したM君(小4)。 ダブルヘッダーは体力的にきついもの、でも水泳で鍛えた根性と精神力ではねのけました。次回は3級に挑むという彼、頑張れ。応援するぞ!

 

 

さて次に紹介するは小6女子Kさん。

kotomi

2014年秋に4級合格したばかりの彼女、たったの4ヶ月で3級に合格してしまいました。小学生でここまでやれる子はそうそういません。本当によく頑張ったと思います。

 

そしてさいごに登場していただくのは、

50代の社会人Sさん。

siori

とうとう念願の準1級合格をつかみとりました。 私もそうですが50を超えると記憶力が急に衰えます。そんなハンデをものともせずにやり抜いたSさん。これからも コツコツとマイペースで勉強を続けるそう。

3人ともおめでとうございました!