私の韓国観

若いころ海運業界にいたので韓国の船会社と仕事する機会が数多くありました。初めのうちは無愛想でとてもやりにくかった。挨拶しても微笑まず、日本人が嫌いなんだ、というそぶりをわざと見せつける態度でした。 でも回を重ねて会っているうちにだんだんと打ち解けあい、和やかな間柄になっていったのを覚えています。ある晩、仕事を終えて一休みしているときに、彼らの一人から小瓶をわたされました。ラベルには「真露」(じんろ)と書かれていました。「なんだいこれ?」とたずねると、「韓国で一番の焼酎だ、飲め」との言。

いきなり始まった職場宴会。小皿に盛ったキムチを肴にぐいぐい飲みながら、いろんな話をしました。将来の夢、好きな女性のタイプ、会うたびに老けてゆく故郷の両親・・・ 。なんだか話せば話すほど彼らとの距離が縮まってゆく気がしました。 たったこれだけの経験で偉そうに言うのもおこがましいのですが、私は韓国人を嫌いにはなれません。初めはぶしつけに見えるけれど、膝を突き合わせてじっくり話し合えばきっと理解してくれる民族だと思っています。両国の関係がこれ以上悪化しないことを切に祈ります。

おとといの道新社説、英訳してみました。

********************

日本と韓国の政府間の関係が、しばらく例がないほど冷え込んでしまった。

The relationship between the Japanese and Korean governments has worsened almost unprecedentedly.

 

李明博大統領が、両国が領有権を争う竹島(島根県、韓国名 独島)に歴代大統領で初めて上陸した上、天皇訪韓の条件として過去の植民地政策への謝罪を求める発言をしたためだ。

This is because of the Korean President Lee Myung-Bak who not only paid the first official visit to Takeshima island , Shimane prefecture (Korean name Dokdo) whose ownership is claimed by both countries, but also stated that Japan’s emperor must apologize for  its past colonial rule in the Korean peninsula if he wants to visit South Korea. .

 

一国のリーダーとして配慮を欠く言動と言わざるを得ない。

This is hardly an attitude by the leader of a country, we must say.

 

野田佳彦首相が送った抗議の親書を送り返してきたのも外交儀礼上首をかしげてしまう。

Also Korea returned a letter that the Prime Minister Noda had written to them personally. Such an undiplomatic gesture makes us wonder why.

 

日本政府は通貨交換協定の見直しなど対抗措置を表明した。

Japanese government has announced some countermeasures including the temporary suspension of the bilateral currency swap agreement.

 

しかし日韓は「自由と民主主義、基本的人権等の基本的価値を共有する重要な隣国同士」であることを忘れてはならない。

But we must not forget that the two countries are important neighbors sharing fundamental values such as freedom, democracy, and respect for human rights.

 

両国政府とも冷静になり、問題を広げることなく、じっくりと話し合い解決を目指すべきだ。

Instead of aggravating the problem, both governments should stay calm, hold talks and work their way to a solution. 

 

 

 

 

 

 

この夏の思い出

8月もあとわずかとなりました。

今夏の一番の思い出は、海外から一時帰省したお孫さんたちを教室に連れてきたことでした。

Iさんはアメリカのニューヨークから3人。

Tさんはスイスから2人。

Uさんはオーストラリアから1人。

ふーん、こうしてみると3大陸から集まったことになるんだな、俺の塾も国際的になったものだ。

 

 

とても賑やかにしてくれました。

 

なでしこ、仏を撃破!

 

 

 

 

 

 

 

 

やりましたね、なでしこ。

強豪フランスの怒涛のようなシュートをよく抑えました。

ロイターもベタ褒め。

 Japan’s women on course for Olympic-World double (日本女子、ワールドカップとオリンピックのダブル制覇へ確かな足取り)

両監督のコメントが対照的だったので載せておきます。

まずは佐々木監督。

Japan coach Norio Sasake told reporters: “It was just a small difference that helped us win the match, perhaps we were just that bit stronger mentally.

勝敗を決めたのは僅かな差だった。多分精神的にこちらが少しだけ強かったということだろう。

“But we were inspired before the match by a wonderful speech from Miyama in the dressing room that almost made me cry. 試合前に更衣室で宮間選手が素晴らしい話を披露した。泣きそうになった。

“She said she was honoured to play here with these players in this stadium, and that was very inspiring for us.” (このスタジアムでみんなと一緒に試合ができることを誇りに思う、という内容だった。感動的だった。)

なるほど、みんなの気分を高める為にスピーチを行ったんですね。

 

一方フランスの監督は・・・

 

France coach Bruno Bini said the defeat to Japan was even tougher to take than the defeat by Sweden in last year’s World Cup semi-finals but he still managed a joke.

今回日本に負けたのは、昨年ワールドカップでスエーデンに負けたことよりキツイ。

 

“I’m not very good at semi-finals,” he said, “I lost last year and lost today, so if we reach the semi-finals of the European Championships next year, I will go home and give the team to someone else to look after.”

どうも私は準決勝の戦いが下手なようだ。去年(ワールドカップ)も今年も。

来年のヨーロッパチャンピオンでもし準決勝までたどり着いたら、 私は家に帰るよ。誰かほかの人に監督をしてもらうさ。