野村ジジイの時事い英語教室。 − 29歳米兵、アフガン少女を助け自ら犠牲に

It is a compelling war-zone story of heroism of a U.S. soldier who gave his own life to save an Afghan girl from certain injury. 人の心をつかんで離さない話がある。戦地でアフガニスタンの少女を傷害から救い出すため自ら命を捧げた米兵の英雄ストーリーだ。 Sgt. Dennis Weichel, 29, died in Afghanistan last week as he lifted an Afghan girl who was in the path of a large military vehicle barreling down a road. デニスウェイチェルは先週赴任先のアフガニスタンで亡くなった。29歳だった。大型軍用車両が猛スピードで走る道路上にいた女の子を抱え上げた時だった。   Weichel, a Rhode Island National Guardsman, was riding along in a convoy in Laghman Province in eastern Afghanistan when some children were spotted on the road ahead.ロードアイランド州兵のウェイチェルはアフガン東部のラグマン州で護衛車両に乗っていた。その際前方に数人の子供がいるのを発見。   The children were picking up shell casings lying on the road. The casings are recycled for money in Afghanistan.  Weichel and other soldiers in the convoy got out of their vehicles to get them out of the way of  the heavy trucks in the convoy.子供たちは路上にころがる薬きょうを集めていた。アフガンではリサイクルとして換金できるのだ。ウェイチェルと同僚は車両を降り、子らを路外へ出した。

The children were moved out of the way, but an Afghan girl darted back onto the road to pick up some more casings that lay underneath a passing MRAP, or Mine Resistant Ambush Protected Vehicle.  The huge armored trucks can weigh as much as 16 tons and are designed to protect the troops they carry from roadside bombs. 一旦路外へ出た子供たちだったが、一人の女の子が道路の方へいそいで戻った。通過中のMRAP (対地雷装甲車両)の下にある薬きょうを拾うためだった。その車両は16トンもあり、輸送中の軍隊を道路脇の爆弾から守るよう作られている。   Weichel spotted the girl and quickly moved toward her to get her out of the way.  He  succeeded, but not before he was run over by the heavily armored truck.  ウェイチェルは少女を見つけ、すぐに走り寄って彼女を連れ出した。成功したが自分自身は間に合わず、重量車両に轢かれてしまった。

Staff Sgt. Ronald Corbett, who deployed with Weichel to Iraq in 2005, said, “He would have done it for anybody,” adding, “That was the way he was. He would give you the shirt off his back if you needed it. He was that type of guy.” ウェイチェルと共に2005年にイラクに配置されたロナルドコベット軍曹は、「たとえ相手が誰であれ、あいつなら同じ事をしただろう。それがあいつの性格なんだ。シャツが欲しいと言われれば、自分のを脱いで渡すような、そんなタイプのやつだった。」と振り返った。

His remains  will arrive in Rhode Island Saturday, and a wake will be held in Providence Sunday. He’ll be buried Monday.    He is survived by his children, his fiancée and his parents.  Rhode Island Gov. Lincoln Chafee has ordered flags in the state to be flown at half-staff until Weichel’s burial.彼の遺体は土曜日にロードアイランド州に到着し、日曜日に通夜、月曜日に埋葬される予定。 子供、フィアンセ、両親が遺族として残された。 リンカーンシャフェイ州知事は埋葬が終わるまでの間、同州内の旗を半旗にするよう指示した。

 

驚きの英文法 単数主語でTHEY?

FACEBOOKで劇的な再会を遂げた英国のブライアン君、時々メールしています。

彼とのやりとりで、驚くような英文法を教わりました。 なんと三人称単数主語でtheyが使われる場合があるというのです。

“If a person buys a car on Sunday he or she will get a good deal.” 日曜日に車を買えば、良いのが買えるだろう。

という文章があったとします。このhe or she の3語をtheyで置き換えることができるというのです。

ここにおけるtheyは複数の人間を意味しておらず、あくまでも一人。男でも女でも、という意味合いを複数代名詞であらわすのだとか。 へえ〜〜〜〜〜

またこの規則は主語だけでなく、目的語でも可能。

Even if someone is sleeping there,  you should not wake them. もしそこで誰かが寝ていたとしても、起こすべきではない。

この場合も男か女かわからないのでthemの使用が可能だそう。

いやあ、勉強になった。40年もやっててこんなの聞いたの初めて。 まだまだあるんだろうな、きっと。

Sさんお元気で!

水曜夜の社会人クラス、Sさんが4月の人事で札幌へ移動することとなり、さる21日にささやかな送別会を開きました。

教室のテーブル上に並べられた料理は、残る5人の生徒さんが自宅で作ってきたもの。

 

 

 

 

 

桜の木をモチーフした和紙のテーブルマットなんかも用意され、

 

 

 

 

ノンアルコールビールで乾杯、しばし歓談。

 ん? なんだあ、このキュウリの形?

一体どうやって切ったの? 芸が細かいなあ。

 

 

 

 

色紙にみんなで寄せ書き。
この日仕事で来られなかった生徒からも別れを惜しむメッセージが。

 

 

 

 

あっという間に時間が過ぎ、帰宅時刻が迫ってきたので記念写真を。

(女性のみなさんの強い要望により、解像度をおもいきり下げました。

悪しからず!)

 

 

 

最後にSさんから別れのご挨拶とお礼の品々が贈られ、ジエンドとなりました。

お元気で!

 

 

 

野村ジジイの時事い英作文 ー がれき受入れを英断した島田市。

これは福島県南相馬市で聞いた話だ。

東北地方の人に日本の白地図を渡し、原発で汚染された地域を色鉛筆で塗りつぶしてください、と言うと福島県のみを塗りつぶす。

同じことを東京在住の人間にさせると、東北地方全体を塗りつぶす。

北海道の住民だと東北と関東。関西の人は東北、関東、北海道を塗りつぶす。日本以外に住む人々はどうかと言えば、日本全体を塗りつぶすだろう。

ここから見えてくることがある。自分が住んでいるところを誰も汚染地域に含めていないことだ。これをエゴと呼ぶことは出来ない。自分が住む場所は安全と信じたいのは自然なことだからだ。しかしここで注意を要するのは、知らず知らずに安全と危険の間に境界線ができてしまっていることにある。

静岡県島田市が、岩手県大槌、山田両村のがれき受け入れを決断した。その境界線を超える試みと呼べる英断だと思う。

がれきの放射能に対する国の安全基準はあいまいだ。これが各自治体の受け入れを困難にさせている。境界を超えての汚染を恐れる地元住民の圧力があるからだ。

島田市は勇気ある第一歩を踏み出した。称賛に値する。 (北海道新聞の囲み記事。一部改変)

This is a story that I heard in the city of Minamisoma of Fukushima Prefecture.

If you hand a blank map of Japan to someone in Tohoku region and ask them to draw, with a colored pencil, the area they feel is contaminated with radiation from the ailing nuclear power plant, they will shade over Fukushima prefecture only.

If you ask someone in Tokyo to do the same, they will probably shade over the entire Tohoku region. Someone in Hokkaido? Tohoku and Kanto.  In Kansai? Tohoku , Kanto, and Hokkaido.

As for people outside of Japan, they will probably draw over all Japan`s islands.

What we find then, is that no one includes their own local area as a place of contamination. We cannot put this down to egoism because it is only natural for people to want to believe that they live in a safe place. What we do need to note however, is that a frontier has been unknowingly drawn between safe and dangerous.

The city of Shimada, Shizuoka Prefecture has decided to accept disaster debris from the towns of Otsuchi and Yamada in Iwate Prefecture.  I think this brave decision can be called a trial to go beyond these perceived borders.

The national government’s safety standards on radioactive debris are ambitious. This is making it difficult for local governments to make positive steps towards working together because of resident’s pressure for fear of cross border contamination.

Shimada has taken a brave first step, and for this they should be commended.