敗戦日記  高見順

141104_1149

軍部により厳しい言論統制が敷かれていた昭和20年、破局へと進む日本の悲劇を率直に書き綴った日記です。 当時の生活を知ることができて面白いです。 一番驚いたのは、「ネクタイは敵国のものだから、身に着けるのをやめよう。そのかわり下駄のはなおをつけましょう」という立て看板が街に建てられていたという記述。本気でそのようなことを国民に訴えかけていたなんて、信じられないです。

 

 

45歳で20人目の子! すごいぜ!

45歳になる主婦ミシェル・ダガーさんは夫ジムさんとの間に19人の子がいます。そしてめでたく20人目を身ごもり、来年4月に生まれる予定。

 

 

 

 

インタビューのビデオは下記をクリックしてください。

印象に残った部分を列記します。
0:42 ダンナさんのコメント。
 I don’t know how it happened. なぜこのようになったのでしょうね。

0:49 インタビュアー

Were you planning for twenty without a goal?

目標を定めないで20人目まで来たのですか?

0:53 (ミシェルさん)

This is the farthest part we’ve gone. I mean typically 16 to 18 months apart. So we’re kind of thinking it might be our last.

(次の子が生まれるまでの期間が)今回は一番長くなりました。普通だと16から18か月で次の子が生まれていましたから。 だから(19人目で)終わりかな、と考えていたんですよ。

1:22 (インタビュアー) Why isn’t nineteen enough for you? (なんで19人で十分だと思わなかったの?)

1:26 (ミシェルさん)

We always have the motto around our house ‘There’s always room for one more. もうひとり子供を持つ余裕がわが家にはある、というモットーを常に持っています。

 

1:38 (夫ジムさん)

We just have one that got married, so  we’ve made room for another one. ひとり結婚して出て行ったので、もう一人(子供を住まわせる)余裕ができたんです。

1:59(夫ジムさん)

We diden’t want to stop on odd numbered yet.(子供の数を)奇数で終わらせたくなかった。

 

2:57 (長男のコメント)

It is unique whewn you have uncles younger than you are.

(自分より若い叔父をもつというのもユニークですよね)

 

 

 

 

 

 

塾生紹介 79歳元気ハツラツNさん

79歳のNさんは勉強熱心。バスを乗り継ぎ毎週休まず通ってくれる。暑い日も寒い日も。そんな彼女が2週続けて休んだ。体調崩したのかな、心配だった。
ところが今週元気な顔で復帰。「Nさん、もう体調はいいの?」と訊くと、「なんのこと?あたしはヨーロッパに旅行に行ってただけだよ。」心配して損した。