アメリカのCMでリスニングにチャレンジしよう! (ゼロックス社編)

イタリアのバイクメーカーのドゥカティ社が登場するこのCM, 実はコピー機のゼロックス社のCMなのです。自社の宣伝に他社を出すとはすごい発想。わが国だとキャノンやリコーのCMにホンダやヤマハが出るのと同じ。 そんなことはまずないと思われ・・・

 

 動画は下記をクリックしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=0fxhnbgY85E

 

 

 

 

Are you busy?

(いま忙しい?)

 

 

Management just sent over these technical manuals.

(この技術マニュアル、上部から渡されたんだけど)

 

They need you to translate them into Portuguese by tomorrow.

(明日までに君にポルトガル語に翻訳してほしいそうだよ。)

ここで無残にも、書類の束が風に吹き飛ばされてしまう。 

 

Ducati knows it’s better for Xerox to manage their global publications so they can focus on building amazing bikes.ドウカティー社はわかっています。国際関係の文書業務など、ゼロックス社に任せておくのが得策だと・・・そうすれば凄いバイクの研究開発に集中できるからです。

 

With Xerox, you’re ready for real business. ゼロックス社を使えば、本物のビジネスに向かってゆけます。

 

 つまりこのCMが言いたいのは、翻訳だの印刷だの、文書にかかわる一切がっさいをゼロックス社にまかせなさい。そうすれば本業に専念できますよ、ということ。

サラリーマン時代、余計な翻訳仕事ばかり押し付けられた私としては、痛いほどよくわかるワまったく。

実の父親会いたさに7歳児が車を運転。最高時速112キロで30キロ走行。

立たないとブレーキに足が届かない少年が本当に運転して、時速112キロも出せるのか? ナゾが多すぎる気がする。

   

 

A seven-year-old Michigan boy who had to stand up to reach the gas and brake pedals while driving was pulled over by police on Monday morning after traveling more than 20 miles in his stepfather’s car.

ミシガン州の7歳の男子が義理の父親の車を運転し、20マイル走行したところで警察に止められた。 アクセルやブレーキを踏むのに立ち上がらなければならないほどの小さな少年だった。

 

The boy, who lives with his mother and stepfather 100 miles northeast of Detroit, was barefoot and wearing pajamas when police caught up with him, the New York Daily News reported. ニューヨークデイリーニュースによるとこの少年は、デトロイトの北東100マイルに住み、実の母、義理の父親と暮らしていた。警察が車に追いついたとき、裸足でパジャマ姿のままだったという。

 

“He was crying and just kept saying he wanted to go to his dad’s,” Caseville Police Chief Jamie Learman told The Associated Press. “That was pretty much it. He just wanted to go to his dad’s.” 「お父さんに会いたかっただけなの、と少年は言いながら泣き続けていた。それだけのことだった。」ケースビル警察のジェイミーリアマン署長がAP通信に語った。

   

The boy drove the red Pontiac Sunfire as fast as 70 mph, according to the Daily News, and veered onto the shoulder several times.  同紙によると少年は、赤のポンティアックサンファイアを運転し、時速70マイル(112キロ)を出し、数回にわたり路肩に入ったという。

 

The boy’s mother, who works a late shift, was sleeping when the youngster got behind the wheel.  

 車に乗り込んだ時、母親は夜勤明けで眠っていた。

 

The Department of Human Services and the Huron County Prosecutor’s Office have not determined if any charges will be filed, although Tim Rutkowski, the county’s prosecutor, said on Wednesday that there is no evidence that the boy was taught how to drive.米社会福祉省とヒューロン郡検察庁は、公訴を提起するか否かをまだ決めていない。少年が誰かに運転方法を教わった証拠がない、と同庁検察官ティムラトコースキー氏が述べているが。

 

 

英作文チャレンジコーナー 時を超える毒物 

最近読んだ道新の社説を一部翻訳してみました。

「トイレなきマンション」とは高レベル放射性廃棄物というごみの行き場が定まらない原発をやゆする言葉だ。

A house without a toilet is a phrase often used when people ridiculously refer to   nuclear plants where nuclear waste has no place to go.

この下世話なたとえはわかりやすい反面、事態の深刻さを薄めてしまう軽い響きを持つ。

Frequently used  similes such as this have an advantage of being easily understandable, but carries a careless tone of diluting seriousness of the state of affairs.

放射性廃棄物は手に負えない毒だ。現実はトイレどころでは済まないことを、札幌シアターキノで公開中の映画、「100,000年後の安全」は冷静に訴えかける。

Radioactive waste is uncontrollably poisonous. 

There’s  a movie named Safety in 100000 Years which is currently premiered in Theater Kino, Sapporo.

It tells us that the “actual dimension of the problem is far more serious than toilets.

フィンランドは世界で初めて、放射性廃棄物の最終処分場建設に着手した。カメラは地下500メートルまで岩盤を掘り進む建設現場に降りていく。

Finland started building the world’s first permanent nuclear-waste repository.

The camera goes down to the construction site where drilling is done 500 meter underground.

廃棄物が無害になるまでの10万年を耐える建造物という建造物という計画の途方もなさ。

What an extraordinary plan it is to construct a building that can last 100,000 years until the nuclear waste is no longer deadly to human beings.

圧巻は、施設の危険性を未来世界に警告する方法について悩む科学者たちへのインタビューだろう、

英作文チャレンジコーナー たき火を利用「発電鍋」

いやー、こういうの個人的に大好きです。 お湯を沸かしながら発電ができるなんて。きっと災害時に大活躍するでしょうね。

ベンチャー企業のTESニューエナジー(大阪府池田市)は、お湯を沸かしながら電気機器を充電できる「発電鍋」を開発、来週にも発売する。

たき火をしながら携帯電話やラジオなどの充電が可能で、災害時の緊急電源として期待できるという。発電鍋(直径約16センチ)は、鍋底の下側に電気を通す導体と呼ばれる素材で構成された発電器を取り付け、鉄のカバーで覆った。導体の下部は火に近く高温である一方、なべの底に近い上部は湯で冷やされるため、温度差が電圧に変換される性質により発電する。充電はUSB接続を利用、米アップルの「iPhone」の場合、3~5時間で完了。(北海道新聞 6月12日 朝刊 経済面)

 

A venture company in Ikeda, Osaka, named TES New Energy, has developed a power generating pot, with which electric appliances can be charged while boiling water.
Named Hatsuden Nabe, the product is to be put on sale next week with the expectation of serving as an emergency power source in times of natural disaster, for it can charge cellphones and radios while having an open-air fire.
The pot, which is 16 centimeters in diameter, has a generator in its iron-covered bottom. THe generator consists of materials called DOTAI,  or conductor that permits an electric current to flow easily.
Heated by the fire, the lower side of DOTAI gets hotter, while the upper side gets cooled by the water. This difference in temperature turns into a  voltage and starts generating power.
USB connector is used for charging.  In the case of i-phone (Apple’s multifunctional smartphone), the charging is complete in three to five hours. 

 

不正を暴こうとして逆逮捕

場所はアメリカ、イリノイ州。 彼氏とのもめ事で警察に電話相談した女性が、自宅の寝室で質疑を受け、性的暴行を受ける。頭にきた彼女は警察署に赴き、警官にイタズラされた事実を告げる。だが警察側はのらりくらり。 そんな態度にイラついた彼女は、警察側の発言を携帯で録音しようとし、逆に逮捕される。罪名は盗聴法違反。最高で15年の懲役の可能性。強姦犯並みの刑罰・・・どこかまちがってないかなあ?

When Chicago police answered a domestic disturbance call at the home of Tiawanda Moore and her boyfriend in July 2010, the officers separated the couple to question them individually. 2010年7月、ティワンダムーアさんと彼女のボーイフレンドの間で起こった家庭内暴力事件に関する電話相談が、シカゴ警察に寄せられ、同署は二人を別々に引き離して質問した。

Moore was interviewed privately in her bedroom. According to Moore, the officer who questioned her then came on to her, groped her breast and slipped her his home phone number. ムーアさんが質問を受けた場所は、彼女のベッドルームだった。 その時彼女に質問した警察職員は、彼女に近づいて胸をさわり、彼の家庭の電話番号をそっと渡した。

Robert Johnson, Moore’s attorney, says that when Moore and her boyfriend attempted to report the incident to internal affairs officials at the Chicago Police Department, the couple wasn’t greeted warmly. “They discouraged her from filing a report,” Johnson says. “They gave her the runaround, scared her, and tried to intimidate her from reporting this officer — from making sure he couldn’t go on to do this to other women.”

「二人はその後、この事件を同警察の内務調査部門に報告しようとしたが、暖かく迎えられることはなかった。また彼女に対し言い逃れをしたり脅したりし、問題の警察官の行為は彼女の勘違いであったと思わせ、届け出を思いとどめさせようとした。」ムーアの弁護士であるロバート・ジョンソンはこのように語った。
 

Ten months later, Chicago PD is still investigating the incident. Moore, on the other hand, was arrested the very same afternoon. それから10か月たち、シカゴ警察は依然この調査を続けているが、ある日の午後突然ムーアさんが逮捕された。

Her crime? At some point in her conversations with internal affairs investigators, Moore grew frustrated with their attempts to intimidate her. So she began to surreptitiously record the interactions on her Blackberry. In Illinois, it is illegal to record people without their consent, even (and as it turns out, especially) on-duty police officers.彼女の罪状? 内務調査官との話し合いの最中、ムーアは彼女を脅迫する警察の試みに苛立ちを覚え、ブラックベリーでこっそりと会話内容を録音したのだ。 イリノイでは。相手の同意なしで声を記録することは違法となっている。特に今回判明した通り、公務執行中の警官であっても同様なのだ。

“This is someone who is already scared from being harassed by an officer in uniform,” said Johnson.これはすでに、制服を着た警官によって嫌がらせを受け、恐れおののいているのと何ら変わりはない」と、ジョンソン氏は言う。 “If the police won’t even take her complaint, how else is a victim of police abuse supposed to protect herself?”  「警察が苦情を受け付けさえしないならば、警察虐待の被害者は、どのように身を守ればいいのだろうか?」

Moore’s case has inspired outrage from anti-domestic abuse groups. ムーアの事件により、家庭内暴力反対を推すグループから怒りの声が表明された。

“We just had two Chicago police officers indicted for sexual assault, there have been several other cases of misconduct against women,” says Melissa Spatz of the Chicago Task Force on Violence Against Girls & Young Women. 「若い女性に対する暴力行為に関するシカゴ専門特別委員会」のメンバーであるメリサスパッツ氏は、 「我々はちょうど2人のシカゴ警官を性的暴行で起訴しました。またほかにも数件、女性に対する不正行為の報告がありました。」 

“And now you have Moore, who was trying to report this guy, and she gets arrested. The message here is that victims of unwanted sexual advances by police officers have no recourse — that the police can act with impunity.”「そして今回のムーアさんのケース。(警官による性的不祥事を)世に知らしめようとして逮捕されてしまう。(この事件が発する)メッセージは、警官による性的虐待の犠牲者は、助けを求めるすべを持たず、警官は何をやっても刑罰を逃れられるということです。

If the Chicago cops recently indicted for sexual assault are convicted, they’ll face four to 15 years in prison. That’s the same sentence Tiawanda Moore is facing for trying to document her frustrations while reporting her own alleged sexual assault: Recording an on-duty police officer in Illinois is a Class 1 felony, the same class of crimes as rape.最近性的暴行で起訴されたシカゴ警官が有罪判決を下された場合、懲役4~15年を科せられる可能性がある。 それは、ムーアさんが今回犯した犯罪(つまり警官による彼女自身への性的暴行をあばこうとして、警察に相手にされなかった事実を携帯で録音したこと)で下される判決と同じものとなる。 イリノイ州では公務執行中の警官を記録することは、クラス1の重罪(強姦と同じ犯罪の種類)なのである。