英作文チャレンジコーナー

最近の授業で取り上げた、新聞記事の英作文です。 完ぺきな出来だとは思っていませんが披露いたします。

 

札幌のホームレス支援団体に今夏、東京から来た19歳の男性が保護された。住むところがなく、所持金も数十円で路上生活の寸前だった。(北海道新聞2010.10.5)

One of the homeless support groups  took care of a nineteen-year-old boy  this summer.  Having  come  from Tokyo, the boy looked almost like a homeless person , carrying only a few coins.   

私は健康体だったが運動は苦手で、体育の授業はよく仮病を使ってやりすごした。(北海道新聞 2010.10.7)

Though I  was healthy, I was not good at  athletics.  So I used to  skip on the physical education classes, pretending that I was sick.

 

住所やあて名を書く位置をはじめ、拝啓などで始まる文面など手紙の書き方を知らない若者が増えている。携帯メールの普及で、幼少期から手紙を書く機会が減ってしまったのが一因である。(道新 H22.10.14 夕刊)

 

There are more and more young people who don’t know how to write a letter.  For example, they have little knowledge of where to put recipient’s name and address on an envelope etc., to say nothing of how to compose a formal letter such as the one beginning with “HAIKEI” (Dear sir.).

A part of the reason is the advent of cell phones with which people can exchange emails. Since then, few chances for writing letters have been available for young generations.

 

ダイエットもかねて、休日には自転車で町を散策します。愛車は10年物のマウンテンバイク。のんびり3時間ほどペダルをこぎます。枯れ葉舞う公園の小道を走れば季節の移り変わりを実感できますし、建設中だった家が完成して庭で遊ぶお子さんたちの姿を見ると人ごとながらうれしい気持ちになります。(北海道新聞H2010.10.21 夕刊)

 

I go cycling around the town on holidays. This is partially for the purpose of dieting.  My favorite thing is my mountain bike. It is ten years old. I pedal leisurely for about three hours. As I go along the lane in the park where the leaves are dancing, I can actually feel the change of seasons. Also it makes me happy to watch children playing in the backyard of a house that was under construction until recently.

英語クッキングセミナーでメキシコ料理に挑戦!

すっかり定番化したクッキングセミナー
今回は「ファヒータ」に挑戦しましたッ!
 
「語感のとおりこの名はスペイン語。 でもスペイン料理ではありません。」 と語るは講師のマイクマゴワンさん。「これはTEX-MEX料理です。」
 
 
 
「テックスメックスってどういう意味?」 「テキサスとメキシコが合わさって出来た造語です。アメリカ合衆国が独立した後も、テキサスはしばらくの間メキシコ領地だったので、ラテン系の影響を受けたのです。」
なるほど、つまりテキサスは他の州よりもメキシコと長く深く交流してきたわけか。ファヒータはそういった背景から創られたラテン系料理だったのですね。  
 
 
材料として欠かせないのは、
 
 玉ねぎ、ピーマン、トルティーヤ、アボカド、牛肉、 サワークリームなど。 
 
 
 
 
 
 
このうちアボカドは「ワカモーレ」というディップ(サラダのようなもの)を作るのに用います。
 
参加メンバー13名。 ワカモーレを作る班と、野菜・肉を調理する班に分かれ、作業にとりかかる・・・・はずだったのですがここで重大な事実が判明!
 
なんとここの調理室にはフライパンが常備されてない・・・あるのはアルミ鍋だけ! そんな殺生なあ・・・・(泣)
 
「どうしよう、これじゃ肉が焼けない。」
「アルミ鍋でやってみる?」
「いや、くっついちゃうよ?(no,  food sticks to alminium pan)」
突然襲ったアクシデントに参加メンバーは右往左往。
下調べを怠った野村リーダーに冷たい視線が浴びせられる。
結局、自宅が近いメンバーに頼んでフライパンを持ってきてもらうことで事態は収集・・・
 
到着までの間、することが無いのでマゴワンさんの協力を得、臨時英会話レッスンを実施。
 
 
めったにないチャンス、参加者は懸命に質問を考える。 
やがて一人が維新塾で習った質問を披露。 Have you ever been told that you look like someone famous? (だれか有名人に似ていると言われたことがありますか?)  すると彼はにっこり笑って「Yes. I have」と回答。 なんでもアメリカのコメディアン俳優に似ていると言われたことがあるとのことでした。
 
そうこうしているうちにフライパンが到着。 時計を見るともう2時半。 まずい、あと1時間しかない。 わずか1時間で調理、会食、後片づけという超ハードな工程に。
 
とにかく急いで作ろうと、皆必死になって頑張ったけれど、完成したのが3時。 盛り付けをして食べ始めたのが3時10分。 
非情にも3時半タイムオーバーとなりました。まだ食べ終えていない人が数名いたのに・・・。ああ、あの「フライパン空白時間」がうらめしい。
 
せっかく参加していただいたのに、ゆっくりとメキシカン料理を楽しんでいただけなかったことを残念に思います。今回の失敗はすべて私の不徳の致すところ。
今後二度とこのような不祥事が起こらぬよう肝に銘じます。

ジョンレノンの誕生日に各地で集会

今年はジョンレノン生誕70周年、逝去30周年、ビートルズ結成50周年、解散40周年にあたる年。(なぜこんなに区切れいいのだろう?)

ニューヨークの暗殺現場には今年も大勢のファンが訪れて追悼したそうです。いつか僕も参加して、一緒にイマジンを歌いたいと考えています。

動画は下記をクリック。

 
Tomorrow would have been John Lennon’s seventieth birthday.  His widow Yoko Ono said that he dreaded turning forty, but thinking of seventy made him smile. So would the celebration that’s coming.
Peaceful, musical, all over the world. 
Our top rock fan Dan Harris will be right in the thick of it.
So many of us find it so hard to believe that this global icon of youthful rebellion and idealism would now be turning seventy.
A birthday that’s being marked in a big way.
All of John Lennon s solo albums are being rereleased in a box. There’s  
 There’s a new movie coming out that examines the teenage years of the future Beatle.
 I’m John
 Paul.
 And this new PBS documentary takes a look at the last decade of Lennon’s life.
 So, I had to contribute something.
 The documentary also contains rare home movies of the five years that Lennon took off from music to raise his son, Sean.
 I looked after the baby and I made the bread and I was a househusband and I’m proud of it.
 Even this active domesticity was radical.
For a father to be as involved in raising his family and making that a priority.
That  wasn’t – in the ’70s, you know that wasn’t a really thing that you  saw so much.
 Yoko Ono has said she is surprised by all the activity around her husband’s birthday.
But it is a testament to his enduring appeal.
 Life and career of John Lennon, singer song writer, symbol of an era, dead at forty.
 Nearly thirty years after he was shot and killed outside of his apartment building in New York City . Today, right across the street in the part of central park named strawberry fields in honor of John Lennon and his music.
 
So many of the songs are now , part of, you know, singalongs in nursery schools and lullabies and just the music that you grow up with when you live on this planet.
 And the world will live as one.
 And here we are at strawberry fields as the sun goes down.
And George, it’s worth noting that people visit this place pretty much every day of the year, rain or shine, and tomorrow on Lennon’s actual birthday, the crowd is expected to be huge.
More evidence that 30 years after he died, John Lennon still matters